活躍の場も多数!プラントエンジニアの求人選びのポイントとは?

採用後の主な業務内容に注目しよう

プラントエンジニアの仕事は、勤務先によって大きく異なり、機械設備の設計や運用、保守など多岐にわたります。特に、石油化学や重化学などの大規模な設備の監督をする場合には、高度な専門性や一定の経験が求められるため、慎重に職場探しをすることが大切です。最近では、一人ひとりのプラントエンジニアのキャリアに応じて、職場内での役割分担を決めている企業も多くあります。そのため、採用後に順調に仕事をこなすため、製造業やメーカーなどのセミナーや相談会などに出向いて、担当者に具体的な業務内容について尋ねてみると良いでしょう。

海外転勤の可能性も確認しておこう

海外に多数の生産工場を展開している企業でプラントエンジニアとして勤務をする場合には、各企業の海外転勤の可能性について採用試験を受ける前に調べてみましょう。また、グローバル化を進めている企業の中には、新卒や中途採用のプラントエンジニアに対して、英語や中国語などの語学力を求めているところも少なくありません。そこで、国内外で活躍の場を広げるうえで、将来にわたりキャリアアップを目指しやすい企業を選ぶことがおすすめです。

経験が豊富な人は好条件の求人を探してみよう

プラントエンジニアの人材が不足している企業では、様々な機械設備に関する知識や技術、資格などを持つ人材を好条件で積極採用しているところが多くあります。また、理系分野の求人が豊富に掲載されているサイトを活用して、ベテランのプラントエンジニアの給料の相場や、手当、賞与などの事情をきちんと把握しておくと良いでしょう。

様々な知識と経験を要求されるため、プラントの求人は経験者を求めています。再就職を考えている方で、経験者はとっても有利です。