自分にマッチした介護の仕事の賢い見つけ方

介護の仕事は職場が自分に合っているかが重要

介護の仕事は、資格を取得して就職すれば終わりではなく、就職してからが大変です。職場が自分に合っていないと、働いてからすぐに辞めたくなってしまうこともありますので、介護職で働くなら職場を見ていくことが重要となります。そして、自分に合った介護の仕事、職場で働きたい方は、まずは施設見学など直接職場を見られる機会を作ることが大切です。多くの介護施設が施設見学を行っていて、基本は無料ですので気になった施設があったら直接行くのがおすすめです。

ボランティアに参加する方法もあり

施設見学の他に、ボランティアに参加するのもおすすめです。施設見学の場合は、施設を歩き回ったり、話を聞いてその施設が良いかどうか判断することになりますが、ボランティアに参加すると入居者の高齢者と話をしたりする機会も出てきます。高齢者の方と話をするのも介護士の仕事の一つですし、ボランティアになれば職員の普段の様子もよくわかります。ボランティアは社会貢献にもなりますので、施設見学と合わせて参加しましょう。

時間があるならアルバイトをしてみるのも手

施設見学やボランティアの他に、アルバイトをしてみるのも自分に合った介護の仕事を見つけるのに役立ちます。介護の仕事はアルバイトを募集している施設が多く、アルバイトなら気軽に採用してもらえるので、そこで働きながらその職場が自分に合っているのか確かめられます。また、アルバイトから正社員になる方も中にはいますので、正社員になるチャンスも期待できます。施設見学やボランティはお金は貰えませんが、介護のアルバイトなら職場の雰囲気や仕事が分かるだけでなくお金も貰えるので一石二鳥の良さがあります。

介護の求人を東京で探す時は仕事内容や給料などを比較し、最適な職場を探して貢献できるようにアピールすることが大事です。