工場の求人の働き方!短期と長期どちらを選ぶ?

短期で働くことのメリット

短期で働くことのメリットは、メリハリをつけて働けることにあります。「旅行に行くためのお金を貯める」といった目標があり、そのためのお金を短期間でゲットしたいなら工場の仕事は選択肢にあがりやすいでしょう。コンビニバイトなどに比べると時給は高め、さらに残業や夜勤をたくさんすれば高収入を得ることも可能です。残業や夜勤をたくさんすると負担がかかりますが、短期間だけ目標のためにいつも以上にがんばるという経験は良いものなのではないでしょうか。

長期で働くことのメリット

長期で働くことのメリットは、なんといっても安定して収入を得られるということです。同じ会社で長く働いていたほうが生活が安定するだけでなく、社会的な信用も上がり、クレジットカードやローンの審査にも通りやすくなります。ケースバイケースですが、長期で働いているほうが給料が上がりやすくなります。契約の更新のたびに時給などの条件が見直されるからです。工場の仕事でもリーダーなどの役職につけることがあり、役職につけば手当がつくので給料が大きく上がります。

契約期間が短くても長期で働ける可能性がある

工場の求人は短期の契約である場合がほとんどです。有名な自動車期間工の求人の場合、3カ月もしくは6カ月ごとの契約更新になっています。派遣の仕事の中には2カ月の契約と書かれているものもあります。契約期間が短いからといって仕事がすぐに終わるとは限りません。会社側がとりあえず2カ月の契約を結び、実際に働かせてみた後で欲しい人材とだけ契約の更新をしようと考えているケースもあります。契約期間が短いが実は長期の契約を予定しているということもあるので、求人をよく読んだうえで疑問点があれば面接のときなどに質問してみましょう。

住み込みの求人は、経験や資格が必要とされないものも多く、毎月の住居費をなるべく安く抑えたい人から人気があります。