調剤と医薬品を専門に取り扱う薬剤師について

薬剤師になるためには専門の学校を卒業する

医療目的で使われる医薬品について、詳しい知識と処方等に関する技術を持った専門家が薬剤師です。病院などの医療機関やドラッグストアなどの調剤薬局に勤務し、処方せんに基づいた調剤行為を行い、医療用医薬品を含むすべての医薬品を販売する権限を持ちます。患者に対する服薬時の説明や、相談等も行う他、教育機関での環境衛生管理、製薬メーカーでの医薬品の研究、製造も可能です。6年制大学における薬学部において、薬剤師国家試験に合格することで、薬剤師としての業務を行うことが可能となります。薬剤師を持つことで可能となる業務は、毒物劇物取扱責任者や労働、食品等の衛生管理者があります。労働衛生コンサルタントや弁理士といった国家資格については、受験資格を得ることが可能となります。

薬剤師はどの場所でどのような仕事をしているのか

薬剤師の勤務先としては、病院等の医療機関や、院内薬局等調剤を専門とする場所が代表的です。調剤薬局では、医師からの処方せんに基づいた医薬品の調剤を専門とし、正しい服用の仕方や飲み合わせ等のチェックを主に行います。医療用の医薬品から一般的な医薬品、健康食品やサプリメントまでを幅広く取り扱い、販売し、自分にあったものを選ぶ手伝いも行います。在宅支援や禁煙、セルフメディケーションなどの日常生活におけるサポートも担当します。医療機関に勤務する場合は、注射薬や点滴等の調剤や管理、患者の薬に関する在庫管理や品質管理等も行います。製薬会社では医療品や化粧品の研究や製造を行い、教育機関では学校の保健に関する仕事など、業種によって様々なものがあります。

薬剤師には定年が定められていないため、いわゆるシニア層でもやる気があれば働くことも可能です。薬剤師のシニア求人は現在薬剤師が不足傾向にあるため、比較的多くの求人があるのが特徴です。