歯科衛生士の求人に応募する前に知っておきたい事とは?

歯のケアや病気の看護師

歯科医院で働く人の中には、歯科衛生士として働いている人も多数存在します。歯科衛生士は、歯科医院で歯のケアや病気の治療の補佐をする看護師になります。看護師といっても一般の看護師とは区別されており、看護師免許ではなくて歯科衛生士の免許を持っています。つまり、歯科医院専属の看護師になります。歯科衛生士の資格を取得しているので、歯のケア方法や病気の詳細についてもしっかりと理解している人が多いですから歯の専門家と言える存在です。歯科衛生士で働く時には資格を取得しているだけでなくて、歯のケア方法や病気について質問された時に患者さんに適切に答えられるようにすることが必要です。もちろん、歯科医院の治療の補佐もしっかりと行なえるだけの技術力が必要です。

少人数体制が多いので責任感を持つ

歯科衛生士は、基本的に歯科医院で働く事になりますが歯科医院は中小規模の事が多いですから従業員の数も少ない事が多いです。歯科衛生士が二人から三人という事も珍しくないですから、それだけ責任を持って仕事をしていく必要があります。もし、あなたがミスを多くしたり、仕事に手間取っていると他の従業員の負担が大きくなり、患者さんの歯の治療に影響が出る可能性があるので自分の仕事に関しては、しっかりと責任を持って取り組む必要があります。また、他の人の仕事もフォロー出来るようになると、さらに仕事の効率が良くなりますから自分の仕事に慣れてきたら他の人のフォローが出来るように努力します。少人数制ですので、他の従業員とコミュニケーションが取りやすく仲良くなりやすいのでその点はメリットが大きいと言えます。コミュニケーションを取ることによって仕事の連携も良くなる可能性があります。

歯科衛生士の転職は、近年とても需要が多くあります。正社員の他、パート・アルバイトの雇用形態があります。